さくらインターネット (スタンダード)で サブドメイン を使い WP マルチサイト を運用

Multi Site Congregations
Creative Commons License photo credit: uuplanet

この記事はちょっと長くなる、積年の難題が解決したのでそりゃもう堰を切ったような勢いで。

wordpressを 化する際、サブアドレス型にするかサブディレクトリ型にするか二者択一を迫られる。
が、さくらインターネットでwordpressをマルチサイト化しようとした場合、サブディレクトリ型でしか上手く機能しなかった。

自分の設定の仕方が悪い可能性は多分にあるが、数十回異なるパターンでインストールを試みるもサブアドレス型ではただの一度も成功していない。
(親サイトは機能するが子サイトのリンク先等がおかしくなりテーマも反映されなければ管理画面に入れるかどうかすら危うい。)

さくらにおいてWPの をサブディレクトリ型で運用する事は(私の技量では)できない。それが私の認識だった、ほんの数時間前までは。

 

基本的な部分から書いていきたい。
さくらインターネットでWPを 化する前提としてはまず、原則的にそのシステムはルートディレクトリ(wwwディレクトリ直下)に置かれていなければならず、サブディレクトリへインストールしたのでは 化はできない。

そしてそのルートディレクトリにインストールしたWPをサブドメイン型で運用する事が不可能だったわけだ。
そう、もはや過去形だ。

現に今はさくらインターネット上にてサブドメインを使用してWPマルチサイトを運営しているのだから。
なぜ急に機能するようになったか?その答えは というプラグインにある。

少し例えを交えて話をしよう。

私がexample.comというドメインを持ち、WPをマルチサイト化してサイトAとサイトBの2つを運営したいと思ってるとする。
さて、それぞれのサイトで使用するドメインだが、サイトAに関してはそのままexample.comを、サイトBに関してはサブドメインbを用意し b.example.com としたい。

これをさくらインターネットでやろうとする場合、まずルートディレクトリにWPをインストールした時点でサイトAは持てるし、それにexample.comをあてがう事はなんら問題はない。
だけれど を サブドメイン型 でインストールする事が出来ない為に、サイトBのアドレスはディレクトリ型のexample.com/b/とするしかない。
いやはやまったく困った状態だ、私はサブドメインが使いたいのに。

しかし、 があればこの難題は解決する。

こいつはディレクトリ型で運用されているサイトをサブドメインと関連付けできる素晴らしいプラグインだ。
まずプラグインを通常通りにインストールし、次にサイトネットワークの管理画面上で設定する。
設定項目にdomainsというのが追加されているので、そこでサイトIDとそれに関連付けたいドメインを入力しOKを押す。
この段階でサブドメイン(サブドメインに限った事ではなくドメインでもいいけど)でアクセスできる。
あとはサイト設定の中にあるURLの値を4箇所変更するだけ。

 

  • 情報タブの”ドメイン”と”パス”
  • 設定タブの”siteurl”と”Home”

ここを変更しないと管理画面に入れなくなるなどの不具合が起こるので怠らないように。(自戒)

うむ、我ながらわかりにくい。
もうちょっと具体的に説明したいな、もう一度上の例え話を使って設定を解説してみる。

  • ドメインとパスにはデフォルト設定だと”example.com”と”/b/”と入っているので、それを”b.example.com”と”/”に変更する。(example.comではなくwww.example.comと入っているかも)
  • siteurlとHomeには同じ値”http://example.com/b/”と入っているので、これを”http://b.example.com/”に変更する。

 

手順を最初から簡潔にまとめてみよう。

プラグインのインストール。(

設定したいサイトのIDを調べる。(マウスオーバーとかで)

サイトネットワーク画面の設定項目domainsでドメインとIDを設定する。

サイト設定の情報タブ(ドメンとパス)と設定タブ(siteurlとHome)を編集する。

以上。

たったこれだけでサブドメイン型での運用が可能だ。

そして元のディレクトリ型に戻す事も比較的容易(サイト設定を元に戻してドメインをdeleteするだけ)であり、
ディレクトリ型とサブドメイン型のマルチサイトをリバーシブル且つ同時に使えるハイブリッドな環境が構築されたわけで、なにかお得な感じさえする。

ありがとうWordPress 、おめでとうさくらインターネット使用歴8年目な私。

問題としてはWP側で擬似的にサブアドレスを作るのではなく、さくらインターネット側で実際にサブアドレスを作りそれを宛がって運用するのでサブアドレスの数に上限(さくらのスタンダードだと一箇所に設定できるドメインの上限は20個)が存在する事かな。 個人的には20もあれば問題ないけれど。

しかしこの上限がそのままWPマルチサイトの上限になってしまうわけではない、なぜならばインストールはサブディレクトリ型で行っているわけで各子サイトは初期状態であればサブディレクトリ型として存在するからだ。

星の数程の子サイトを作り、重要なサイトにだけサブアドレスを宛がう様なマルチサイト運用方法だとこのやり方がバッチリ合致する。それには今気がついたんだけどね。

・・・ああ、さくら側のサブドメイン設定も書いておいた方がわかりやすいのか、、しばしお待ちを。

?

?参考サイト:WordPressのマルチサイトで複数の独自ドメインを設定する方法(Coreserver編)

スポンサード リンク

<<人気の記事>>