エリミネーター250SE テールランプ・ロウアーリアフェンダー を交換する。

ロウアーリアフェンダー を交換する理由

右側のひび割れと樹脂の変形がどうしても気になる。

ひび割れは手持ちの材料で治せるが、このレベルの変形はパテ埋めとかになる。

工数、仕上がり、再塗装、コストを考えると載せ替えた方が良いと判断した。

ロウアーリアフェンダー ひび割れ

ロウアーリアフェンダー ひび割れ

樹脂にヒケがある

樹脂に変形がある。妙なテンションがかかり歪んで割れたって感じだね。

テールランプは交換する予定はなかったが、テールランプとロウアーリアフェンダー(以後カモノハシと表記)が一体になってる状態のものを安く手に入れたのでついでに交換する。

というか同時に交換する方が楽だね。

新しく手に入れた奴

新しく手に入れた奴。状態はすごく良い。

 

サイドカバー・ナンバー・タンデムシート・メインシート・アッパーリアフェンダーの順でちゃちゃっと分解。

後ろの分解はもう慣れた。

この手順の分解はもう慣れた。

テールランプとカモノハシが一体になってるパーツはボルト4本で止まってるだけなのですぐ分解できる。

片側2本ずつ

片側ボルト2本ずつ

と、思ったら抜き方に少しコツが必要で少し手間取った。

後ろにずらしてから下に抜く感じ。

 

新しい方を装着。

はい、交換

はい、交換。接続するコネクタは1つだけ。

動作確認。

テールランプの右側が着かない

テールランプの右側が着かない

あら、右側が着かない。球切れかな。

 

球切れでした。

球切れでした。

古いテールランプから球を移植。復旧。

完了。

交換完了。

 

作業時間は30分、これは楽だった。

 

さて、古いテールランプとカモノハシを分離しようとしたんだけれど、ボルトとナットが固着しているのか供回りして外れない。

ボルトは樹脂に打ち込んであるはずだが…それが供回りするとなると厄介だ。

カモノハシだけを買っていたら相当難儀していただろうと推測される。

一体型を買って正解だった。

 

 

別な話だが、ナンバー固定に使う部品がいくつか欠落している事が判明。

それが無いせいでアッパーリアフェンダーは凹み傷だらけになってしまったようだ。

近いうち欠落部品の追加とアッパーリアフェンダー交換もする予定。

あとウィンカーも交換予定。(選定中)

 

 

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です