エリミネーター250SE メーターダンパー を交換する

メーターカバーを磨いた時に気になっていたところの1つ、エリミネーター250SE の メーターダンパー を交換した。

メーターダンパー

これです。メーターダンパー

スピードメーター用とタコメーター用とで形が違う。

  • スピードメーター側ダンパー 部品番号:92075-1751
  • タコメーター側ダンパー 部品番号:92075-1752

 

まずスピードメーターから分解。

スピードメーター before

スピードメーター before

樹脂がだいぶ劣化していて メーターカバー と メーターダンパー の間に隙間が空く。

剥がす作業の際にはボロボロと切れてしまった。

スピードメーター ダンパー を剥がす

スピードメーター ダンパー を剥がす

スクレーパーが行方不明だったのでマイナスドライバーでこさいだ。

 

気持ち 磨く

気持ち 磨く

ワイヤーブラシで残りカスを落とす。

新しい ダンパー を装着

新しい ダンパー を装着

写真ではメーター本体側にダンパーを装着しているが、実はこの状態では メーターカバー にはめ込む事ができない。(膨らみが邪魔する)

スピードメーター 側の メーターダンパーはメーターカバー側にセットし、そのうえでメーター本体をはめ込む形をとった方が方がいい。

 

次、タコメーター側を分解。

タコメーター ダンパー before

タコメーター ダンパー before

タコメーター ダンパー after

タコメーター ダンパー after

こちらはメーター側にダンパーをセットしていてもすんなりはめ込む事ができる。

 

エリミネーター250SE メーターカバー を磨く その2

メーターカバー を磨いてトップコートを吹かず、数週間が過ぎた状態。

メーターカバー再び。

磨いた後コートしなかったメーターカバー、やはりまた錆びている。

予定通り再度磨いてトップコートを吹き付けようと思う。

 

タコメーター側だけ磨いて比較。

タコメーター側だけ磨いて比較。だいぶ違うね。

作業を続ける。

スピードメーター側も磨いた

スピードメーター側も磨いた

この後、トップコートを吹き付けたんだけど写真を撮り忘れた。

 

組み戻して完成。

新しいメーターダンパーと磨き直したメーターカバー

新しいメーターダンパーと磨き直したメーターカバー。

 

メーターダンパーとメーターカバー2

表示灯が映り込む。

 

メーターダンパーとメーターカバー3

ダンパーが新しいっていいね

 

トップコートを吹き付けると少し曇る。

この上から更に磨けばいいのだけれど、塗膜が完全に乾いていないので連続的に作業はできない。

次回に持越し。

 

15時から作業を始め17時頃にここまで終了したが、最も時間を取られたのは メーターカバー の研磨であった。

暗くなってきたので予定していた作業は明日以降へ持ち越す。

 

明日また晴れたら下記の作業を行いたい。

  • イグニッションコイル、プラグキャップ、プラグコード、プラグの交換
  • クラッチワイヤーの交換
To be continued

To be continued


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です