エリミネーター250SE スイングアームの交換を試してみた。

エリミネーター250SE スイングアーム
エリミネーター250SE スイングアーム
エリミネーター250SE ジャッキアップ
エリミネーター250SE ジャッキアップ
エリミネーター250SE 分解
エリミネーター250SE 分解
クーラントリザーブタンクが邪魔
クーラントリザーブタンクが邪魔
2つのスイングアーム
2つのスイングアーム
自動車のタイヤ外しの工具がはまる
自動車のタイヤ外しの工具がはまる
エアクリ-ナーのチェック
エアクリ-ナーのチェック
キャブレター 吸気側
キャブレター 吸気側

キャブレターは左右で微妙に形が違っている。

右側の肉厚が薄く見えるがロット違いだろうか?

 

 

今回で後方の分解方法はわかったし慣れた。

結構他の問題点が見つかった。

アーシングの取り回し
イグニッションコイルのアーシング

アーシングは前オーナーが行ったものだが、取り回しがあまり好みではない。

フレームとキャブレターの間の狭いところにイグニッションコイル用アーシング。

これはキャブレター交換の時に邪魔になる可能性が高い。

アーシングケーブル経路変更
イグニッションコイル用アーシングケーブルは赤い
My Blood is RED
My Blood is RED

と、思ってケーブルの経路を変えた。

他にもプラグ交換、キャブレター交換、エアクリーナー交換、これくらいはできるだろう。

次の機会にまた変更しよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です